どれだけの人が「青の炎」の主人公ほど家族を守りたいと思えるか

貴志祐介の『青の炎』という小説。

1999年発行の小説ですが、世間では少年犯罪が社会問題化し、「キレやすい高校生」という言葉をよく耳にしていた頃の作品です。

この小説も、主人公の男子高校生が完全犯罪を計画・実行し殺人を犯していくという内容で、主人公、母親、妹の三人家族の母子家庭に、既に離婚し自分とは血縁のない父親が居座り、母親と妹を守る為に養父を殺し、自分が犯人だと知った同級生も殺してしまうというものです。

このように、殺人の目的が母親と妹を守るという事と、短絡的に人を殺すのではなく、綿密な計画を立て実行していく点が「キレやすい高校生」の短絡的な殺人とは大きく異なります。

勿論、完全犯罪など成立せず、小説で男子高校生は殺人容疑で警察に捕まりますし、私を含む多くの読者が同級生を殺してしまう男子高校生には賛同出来ないと思います。

ただし、主人公の目的は殺人ではなく、あくまで母親と妹を守る事です。

小説の結末では、男子高校生はその目的を達成する為に、自分が逮捕・起訴される前に被疑者死亡という道を選びますが、私はこの結末がこの小説の一番の見所であり、主人公が一番輝いているように感じました。

理由は何であれ、彼のやった事も間違っていたと思いますし、2人の人間を殺している以上、自己犠牲とは言えませんが、最後の最期まで母親と妹を守る事だけを目的として死を選ぶという点においては、読者に好感を与えたのではないかと思います。