歴史アクション「曇天に笑う」

私は2014年10月から12月にかけて放送された、唐々煙さん原作のアニメ「曇天に笑う」が大好きです。「曇天に笑う」はアニメももちろん、舞台化、そしてこの春には福士蒼汰さん主演で実写映画化もされる人気の高い作品です。 舞台は幕末から明治維新にかけての日本で、琵琶湖のほとりに住む曇天3兄弟を中心に300年に1度復活するという伝説の生き物、大蛇を巡った歴史ものアクションになっています。 このアニメの魅力は何と言っても登場人物が全員かっこいいというところだと思います。曇天3兄弟の長男、曇天火はすごく強くて本当... Read More

陽炎、抜錨します

築地俊彦氏作、NOCO氏挿絵である小説、「陽炎、抜錨します」。 この小説はゲーム「艦隊これくしょん」を独自考察によって解釈した公式二次創作になります。 物語は主人公である陽炎が皐月、長月、霰、潮、曙と言った駆逐艦による部隊、第十四駆逐隊の嚮導と呼ばれるリーダーになる所から始まりますが、この部隊、人間性としても腕前としても問題児ばかりが集まっています。 その中で陽炎が、時に親密に語り合い、時に励まし合い、時に文字通り殴り合いながら、悪戦苦闘し仲間との絆を深めていきます。 この世界における駆逐艦は脆く儚い存在... Read More

著者 秋本治 「こちら葛飾区亀有公園前派出所」について

このアニメは、かなり有名なので紹介するまでもないと思います。 私が紹介したいのは、このアニメの登場人物。 まず初めに紹介するのは、中川圭一巡査です。 おなじみ中川財閥の御曹司です。個人的にこの登場人物は先日、アメリカ大統領に就任したトランプ大統領と似ているように思います。 ビジネスの規模と立場の違いはあれど公職に就いている点が同じだと思っています。 物語の内容によって、秋本麗子巡査との口論の場面を見るとまさにアメリカ大統領選挙の構図に見えてくると個人的に思います。 他の登場人物にしても、歴史上の人物を似せ... Read More

狸の家族愛を描く「有頂天家族」

「有頂天家族」は、森見登美彦先生の小説です。 舞台は京都。そして主人公は、下鴨神社に住む狸の一家。 下鴨四兄弟の三男・矢三郎は、お気楽で、楽しいことが大好き。今日も人間の青年に化けて、恩師の世話を焼いたり、意中の美女にちょっかいを出したり。 出てくるのは偏屈な老天狗や、人間から天狗になった不思議な美女など、癖のある人ばかり。 楽しく毎日を過ごす矢三郎ですが、物語はやがて偉大な亡き父の死の真相や、狸世界の権力争いへと発展していきます。 狸のリーダーだった父は、なぜ鍋になってしまったのか。 そして矢三郎と家族... Read More