透明なゆりかご

大人になっても楽しめる漫画はたくさんありますが、最近夢中になって読んだのが「透明なゆりかご」です。
始めはギャグ漫画なのかと思ってしまうほど、イラストに手が込んでいるという訳ではなく、サクッと読めるのかと思ったのですが、軽く読むには重すぎる産婦人科を舞台にしたマンガで、作者の実体験を描いているということで、産まれるだけではない産婦人科のリアルな世界観に引き込まれていきました。

産婦人科で見習いとして働くことになった看護師見習いの主人公が与えられたのは産まれてこられなかった小さな命の処理であり、日本の死亡率の一位がお腹のなかで死んでしまったり、望まない妊娠によって故意に中絶した小さな命であるということがあまりにもショックで、それを淡々と伝えているストーリーにますます惹かれます。

透明なゆりかごは泣かせようとはしていないのに毎回泣いてしまいます。妊娠で男性に捨てられてしまった人、流産を繰り返したり、若くして妊娠してしまった人や信頼していた義理の父親にいたずらをされていた少女などの検査など、産婦人科の舞台というのは赤ちゃんが産声をあげて幸せを感じるだけではないということをこのマンガでは裏では伝えています。