響け!ユーフォニアム2

主人公である黄前久美子が通う北宇治高校吹奏楽部は京都府大会で金賞を手にし、舞台を関西大会へと進めていました。
タイトルにある、ユーフォニアムとは金管楽器の一つであり、久美子もこの楽器を使い部内で低音パートを担当しています。
このアニメの素晴らしいと感じるところは二つあります。
まず、一つ目はとても現実的にに描いているという点です。
部活動を描いたアニメの中でも特に細かくより現実的に描かれているように感じました。
ただ単に、高校生の青春を描いているわけではなく部内での問題だったり、人間関係の難しさだったりと乗り越えていく壁が実際に私達が直面したことがあるようのものが多くあります。
二つ目は、音楽の素晴らしさです。
これは、私が一番すごいなぁと感じた点でもあり、このアニメにより深く入り込むことのできる大きな要素だと思っています。
アニメ内での演奏の上手い部員と、そうでない部員の音をしっかりと分けており、音楽のことをあまり知らないという方でもよく聴いてみるとその違いが判ると思います。
どうやら、音楽を録るときにプロの人が演奏したり音楽大学の方が演奏されていたりと一人で演じ分けているわけではなく、別々の人が演奏しているようです。
それにより、しっかりとキャラクターに合った演奏が可能になり、その結果個性として繋がっているんだ感じています。
私自身はこの演奏へのこだわりに強く惹かれもっと続きを見てみたいという気持ちになりました。
この二点が私の感じる素晴らしい点であり、高校時代を駆け抜けていく青春感のあるアニメを見たいという人にもおすすめできますし、また一方では音楽が好きなので見てみたいという方にも自信を持っておすすめできる作品です。