魅力的なキャラクターがたくさん出てくる『らんま1/2』

『らんま1/2』は『うる星やつら』で有名な高橋留美子先生によるサンデーコミックスで連載していた大人気漫画です。

アニメ化した際はまだ新人の実力派声優たちによるとても豪華な仕上がりとなっていました。

主人公早乙女らんまは父親との中国での修行中、その昔若い女が溺れたという伝説の不思議な泉に落ちてしまい、その泉の効果により水をかぶると女の体になってしまうという特異体質になってしまうのでした。
同時に早乙女らんまの父親もその昔パンダが溺れたという不思議な泉に落ちてしまいそれ以降、水をかぶるとパンダの姿になってしまうというとてもギャグに満ちあふれたユニークなキャラクター設定で物語は始まります。
早乙女親子は日本で道場を開いている天道家に居候としてお世話になります。天道家にはらんまと同い年の天道あかね(三女)をはじめ、天道かすみ(長女)、天道なびき(次女)がいます。
それぞれ個性豊かな性格で物語をとても面白く彩ってくれます。
男らんまの声の担当は山口勝平、女らんまは林原めぐみ、天道あかねは日高のりこ、天道なびきは高山みなみ、天道かすみは井上喜久子、その他のキャラクターも豪華声優が担当しているアニメで、あるシーズンのエンディングでは主要キャラクターが登場してそれぞれのセリフを交えて皆で賑やかに歌うとても楽しいエンディングがあったりもしました。
声優さん自身もこのアニメの制作を楽しんで演じているのがよく伝わってくる作品でこのアニメを見て育った若者の中には、声優を目指す若者も多かったと聞きます。笑いあり、涙あり、甘くも悲しい恋愛あり、高橋留美子先生の作品らしい老弱男女が楽しめて、見ていて元気になるこのアニメをぜひおすすめします。