本を売るならどこがいい?

引越しした時に沢山あった本を処分しました。
利用したのはブックオフオンラインです。
ブックオフはよく本を安く買うために利用していましたが、引っ越しに伴って少しでも荷物を減らして身軽になろうと考えて逆に買取をお願いしてみることにしたのです。
不要な本、もう読まないなという本を集めていくと五十冊は超えてしまい、このまま店に持ち込むのも何度かに分けないといけないなと思っていたところ宅本便という買取サービスをやっていることを知りました。
いわゆる宅配買取サービスで、ダンボールに詰めた本を宅配便で送って、査定結果に納得できれば指定の口座に買取金を振り込んでもらうというものです。
私のように持ち込む本の冊数が多い上に、引越し前後で持ち込むための時間が取りにくいという方には特にオススメできるサービスですね。

利用方法はまずネットから買い取りの申込みをするところから始まります。
その際必要事項を入力すると査定に必要な情報をまとめた書類を一枚同梱できるように指定の書式にまとめてくれます。
また買取に不可欠な作業として本人確認があるのですが、これが画期的でネット上からアップロードするだけでオーケーなのです。
スキャナがある場合はそれを用いてスキャンしてもいいですし、そういうものがなければスマホやデジカメで撮影した写真をアップロードする方式も選択できます。
他の業者だと宅配買取してもらうダンボールの中に合わせて身分証明書類のコピーを入れるのが主流です。
僅かな時間でしかも大きな心配をすることはないとは思いますが、身分証明書を自分の知らないところで悪用される怖さもありますので、こうした証明の仕方を採用してくれるのはありがたいですね。

段ボールは指定のダンボールを別途購入することもできますが、手持ちのダンボールであっても構わないそうでした。
比較的重さがあるのでしっかりしたものでなければならないでしょうが、いちいち業者からダンボールが来てからでしか作業できないのに比べるとスマートにことを運べて助かります。
また申し込んだ翌日に引取をお願いできたのもありがたかったですね。
結局査定額はごく少額ではあったのですが、何より身軽になるために即決で承認して振込をしてもらいました。
振込も承認の翌日だったのでスムーズでしたね。

ところで…
今回私がブックオフの宅配買取を利用したように、本を売るならブックオフ!というのが常識みたいになってますが、本を売るならどこがいい?というサイトもあるので紹介しておきます。
本を売るならどこがいい? | 実際に買取依頼した査定価格と結果
実際にいくつかの買取業者に本を売ってみて、その査定額を公開しているサイトです。
買取業者選びの参考になると思います。