とある科学の超電磁砲

この作品はとある魔術の禁書目録というアニメのスピンオフ作品となっています。
学園都市と呼ばれる場所を舞台に生徒達は超能力の開発を受けているのですが、私がこのアニメの面白いと感じるところは、まさにこの超能力という戦い方にあると思います。
現実では、ありえることのないものをアニメだからこそ表現できているのでとても魅力的で心惹かれる設定です。
とある魔術の禁書目録では、同じ学園都市に住む少年の上条当麻が主人公なのですが、そこに魔術という新しい存在がでてくることにより未知の世界を知ることになっていくため、魔術を中心に描いています。
しかし、この超電磁砲では、科学中心にしっかりと描いています。
主人公は能力者の中でも7人しかいないレベル5の電撃使い、御坂美琴です。この少女の生活の中で起きる事件や困難を乗り越えていくという内容になっています。レベル5という圧倒的な力を持っている美琴ではありますが、それゆえに悪者によって力を悪用されてしまい、精神的にもまだ幼い美琴にとって最悪の状況にも陥ってしまいます。
どのようにしてこの危機を乗り越えるのかがこのアニメの魅力の一つでもあります。また、最初にも言ったようにスピンオフ作品であるため、禁書目録との関わりがあるので先に禁書目録を見ておいた方がキャラクターなどもすぐに理解できるため良いかなと思います。
だからといって見ていないと楽しめないかというと決してそうではなく、とても楽しめます。私自身も先に知ったのはこの超電磁砲で、見ている最中にスピンオフということを知ったのですが、途中で切るともったいないと感じて最後まで視聴しましたが、問題ありませんでした。
ぜひ、面白いバトルアニメを見たいという人におすすめしたいです。