狸の家族愛を描く「有頂天家族」

「有頂天家族」は、森見登美彦先生の小説です。

舞台は京都。そして主人公は、下鴨神社に住む狸の一家。

下鴨四兄弟の三男・矢三郎は、お気楽で、楽しいことが大好き。今日も人間の青年に化けて、恩師の世話を焼いたり、意中の美女にちょっかいを出したり。

出てくるのは偏屈な老天狗や、人間から天狗になった不思議な美女など、癖のある人ばかり。
楽しく毎日を過ごす矢三郎ですが、物語はやがて偉大な亡き父の死の真相や、狸世界の権力争いへと発展していきます。
狸のリーダーだった父は、なぜ鍋になってしまったのか。
そして矢三郎と家族は、母を守りつつ、無事に新年を迎えることが出来るのか。
親子、兄弟、男女、師弟の愛憎が交錯して、物語も年末にクライマックスを迎えます。
堅物な長兄も臆病な四男も魅力的ですが、私が特に好きなのは、繊細で優しい心を持つ次男・矢二郎。彼は弟の許嫁に密かに恋心を抱いており、叶わぬ想いに煩悶しています。
また、ある理由から、父の死に責任を感じて、井戸の中に引きこもっています。
矢二郎が失恋や過去を乗り越え、幸せを掴めるのか……こっそり注目しながら、続きを待っています。
三部作のうち、残るは最終巻のみ。どうか狸の家族に幸せが訪れるよう、ハラハラしながら刊行を待ちます。